【チラシ印刷が安い!】全国のおすすめ印刷店検索!

『死ぬのが怖いから飼わないなんて言わないで欲しい。』


死ぬのが怖いから
飼わないなんて、
言わないで欲しい。

死ぬのが怖いから飼わないなんて言わないで欲しい。

おうちを汚すから飼わないというなら、犬はお行儀を身につけることでできる。

留守がちだから飼わないというなら、犬はけなげにも、孤独と向き合おうと努力するかもしれない。

貧乏だから飼わないというなら、犬はきっといっしょに貧乏を楽しんでくれる。

だけど、、、、

死ぬのがこわいからといわれたら、犬はもうお手上げだ。

全ての犬は永遠じゃない。

いつかはいなくなる。

でもそれまでは、すごく生きている。

すごく生きているよ。

たぶん今日も、日本中の犬たちはすごく生きていて、飼い主たちは、大変であつくるしくって、幸せな時間を共有しているはず。

飼いたいけど飼わないという人がいたら、伝えて欲しい。

犬たちは、あなたを悲しませるためにやっては来ない。

あなたを微笑ませるためだけにやってくるのだと。

どこかの神様から、ムクムクしたあったかい命を 預かってみるのは、人に与えられた、素朴であって高尚な楽しみでありますよ、と。


コピーライターの児島令子さんが書いたボディーコピー。

読み終えた後に頬を伝う涙。

愛犬を亡くし、「こんなに悲しい思いをするくらいなら、もう動物は飼わない」と思った数日後にこのコピーを目にして、涙が出た。

「きっとこんな思いで僕の足元にくっついていたんだろうな・・・」
そう思うと、「もっと散歩に連れて行ってあげればよかった」や「仕事で遅くなったときは部屋に一人でさみしかったんだろうな」とか、湧き出る思いは後悔だけ。

この後悔を晴らすことができるときは来るのだろうか?

もし、その時が来るとしたら、亡くなった愛犬の分も含めて愛してやろう。

と、このコピーが思わせてくれた。


[スポンサーサイト]
[リンク先:格安印刷デザインファクトリーweb]


Copyright © 【チラシ印刷が安い!】全国のおすすめ印刷店検索! All Rights Reserved.